アマヤドリ本公演『月の剥がれる』出演者紹介!
倉田 大輔 栃木県出身 1980年生まれ
ひょっとこ乱舞の公演に何度か参加、本公演からアマヤドリの劇団員として参加。
まさか劇団に入るとは思っていなかった。

主な出演作は、映画「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」、「しもつかれガール」、
劇団競泳水着「全 員 彼 女/全 員 彼 氏」など。

─『月の剥がれる』という作品についての倉田さんの考えをお聞かせください。

 『月の剥がれる』は初演の二日目くらいに観ているんですが、まあなんというか、正直多くは覚えていないんです。いくつかのシーンや役者の雰囲気なんかは覚えているんですけど、たぶん当時は、観ている自分の状態も多分に相まって、本当によく分からないまま最後まで駆け抜けていってしまったんで。あらためて戯曲を読んでみると、細かな個々の設定というか、置かれている状況や思想や性的なものというか、そういうものが一瞬ふっと出てきて、お話としてはその後深く掘り下げられるわけでもなく事はとてつもなく大きく進んでいくというか、、というか一番は人がたくさん出てきますしね、2つの時代と世界を行き来してますしね、ああ、すでに混乱してますね僕。いや、稽古始まって間もない序盤に考えっていうのもなかなか難しいものがありますね。役者なので、今となっては、おそらく自分が演じるであろう役の役割や視点なんかから、戯曲と向き合い始めちゃいますし、こうなっちゃうとなかなかこうだ、ということも言えなくなってしまいます。なんともいろんなことを探ってますし、簡単に語れる物語ではないこともありますし、僕がそういう簡単に語れる性質を持ってないからかもしれません。

 無視しきれない問題を取り扱っている作品だと思うんです。それをどう見せたいこうありたい、みたいなものは今のところありません。重いテーマはありますが、単純に多くのお客さんにこの作品を観てもらい、楽しんでもらえる。その結果、そこに何かが生じる。生じさせたい、と思って、今日もまずは筋トレからがんばっていきたいと思います。


★アマヤドリ本公演『月の剥がれる』ご予約はこちらから