◇新作本公演『月の剥がれる』豪華出演者インタビュー!
癖がないのに個性的?!
液体のような気体のような、つかみどころのない佇まいが強烈な興味をそそる、劇団員・稲垣干城!
かんじょーにいろいろ聞いちゃいましたっ!

_MG_0698


稲垣 干城 岐阜県出身

大学の春休みって長いなぁと思って、なんとなく芝居を始めたら、
ささやかな偶然がかさなり「ひょっとこ乱舞」と出会い、
そのうち演劇でものごとを考えるようになっていて、いま「アマヤドリ」。
生き方が随筆的と揶揄されるような世界との距離感を持ちつつ、
それでも天然で全身的な生を希望する人。

◇主な出演作
演会ジンジャーメーカーズ最終公演及び劇団バスガスガスガス旗揚げ公演 『前田』
F/T12公募プログラム参加作品  重力/Note『雲。家。』


【かんじょーに聞いちゃいましたっ!】


Qいままでで一番感銘を受けた作品はなんですか?
 
ひょっとこ乱舞『プラスチックレモン』

Q「私は○○な俳優です。」
○○に当てはまる言葉とその理由を教えてください。

「私は臆病な俳優です。」
これ書くのに、
こう言い切ると
誤解がある、
ああ言うには
がある、
とか
1日中うだうだ考えてしまうから。 

自分のことを好きでいたくて、それだから臆病になってしまう人です。

Q最近意識していることはなんですか?
 
共演者。俳優。
表現者と呼ばれるような人たち。
人。を見ること。

Q今回の公演に対する意気込みは?
 
植物のように変化し続ける。
創作の場に刺激を与え続ける。
観に来てくれた人の、内臓おろおろしちゃって、
帰り道の歩みがふわふわしちゃって、
意識が張っちゃって眠れなくなるような上演にする。


【田中美甫から見た!俳優・稲垣干城】
image

劇団員が劇団員について語る!
田中美甫が俳優・稲垣干城を語ります!


Q彼は○○な俳優です。」
○○に当てはまる言葉とその理由を教えてください。
 
「彼は肘から下の動きが独特な俳優です。」
会話している時、人にはそれぞれ動きの癖があると思いますが、
干城さんは肘から下の動きが特に独特です。
また、感情の起伏をあまり露わにしないので、
〝何を考えているのかよくわからない″
と思われがちです。

だけど実は、
いつも情熱を隠していて
楽しい時やテンションが上がった時には、
その情熱が隠しきれずにじわっと放出されます
その時、普段とのギャップに周りがちょっとびっくりします。
でも、そういう時の干城さんの表情や動きは抜群に面白くて、
唯一無二
皆に見て欲しい!



Qアマヤドリにとって稲垣干城はどんな存在だと思いますか?

バファリン。バンテリン。
絆創膏。
マフラー。 


Q私だけがみた!稲垣干城のこんな一面。
なにかエピソードがあれば、併せて教えてください。
 
「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」の公演の時、
相手役だった私がどうしても言えない台詞がありました。
それについて何時間もずっとわかるまで話をしてくれて、
粘り強くとことん面倒をみてくれました。
いくら相手役とはいえ、
ここまで向き合ってくれる人はなかなかいないと思います。


Q5年後の稲垣干城に、一言どうぞ!
 
テンション上がってますかー?
一緒に踊ろう

 

稲垣干城のBLOGはこちら


Twitterはこちら
@kankankanjo



◇出演者インタビュー随時更新中◇