アマヤドリ 稽古場ブログ

東京を拠点にするアマヤドリの劇団員・出演者によるブログです!

January 2013

『月の剥がれる』ワークインプログレス、無事に終了いたしました!
足を運んでくださったみなさま、誠にありがとうございました!


大変な寒空のなか、多くの方にお越しいただき一同背筋が伸びる想いでございました。

7a68409a.jpg


 広田によるご挨拶。
毎度毎度、喋り出したらなかなかとまりません。


6caf7297.jpg



アマヤドリで取り組んでいる「シンギングサークル」という稽古法のご紹介。
これは昨年広田がアジア舞台芸術祭にて作品を創った際、台湾の俳優たちが取り組んでいた稽古方法にインスピレーションを受け取り組んでいる稽古法です。



4c0bc711.jpg


ひょっとこ乱舞時代より取り組んでいる、アマヤドリの作品の根幹となる稽古「全員で動く」のご紹介。
これは「歩く・走る・止まる」というみっつの動作を、リーダーを決めずに全員で呼吸を合わせて行っていくところからはじめる稽古で、発展していくとこんな場面がうまれたりもします。

2人の男性から告白され戸惑う出演者の百花亜希さん。


c47dc6fa.jpg


『月の剥がれる』台本の部分も公開です!
大原研二さんと劇団員小角2人のシーン。



ワークインプログレスでは作品のほんの一部、種の部分をお見せいたしました。
これから公演までの期間、水をやってお日様にあてて、すくすく育った作品をどうぞ劇場にてご覧ください。

 
アマヤドリの現時点での最高傑作を、どうぞお見逃しなく!


ご予約はこちら 



アマヤドリ制作部

こんにちは!
田中美甫です。


昨日は、ワークインプログレスでした。
ご来場いただいた皆様、本当に有難うございました!!
「月の剥がれる」という作品が形になっていく、"はじまり"と言いますか、ほんと、生まれる瞬間でした。
お楽しみいただけたなら幸いです。


"はじまり"
この瞬間を一緒に体感していただくことになるとは、正直、予想もしてませんでした!
賛否両論あるかもしれませんが、私としては、とっても良い瞬間を観ていただけたと思っています!
この作品がどんなふうに仕上がっていくのか、どうぞ楽しみにしてください!


そして、
ゲストで来ていただいたMrs.fictionsの今村さんからアドバイスをいただき、ダンスも良いヒントになりました!!

もっとおもしろいダンスを作っていきますので、こちらもお楽しみに!!


またダンスの事もこのブログでいろいろお話していこうと思います。


とりあえず、昨日は、行進ステップを新たに振り付けました。


行進ステップ


これがなかなか難しくてすぐにはできません。
慣れるまで時間がもう少しかかります。練習練習。

ただ、不思議な事に、見る人からはきっと簡単そうに見えるんだと思います。
そう見えるようにできるまで!まだまだあと一ヶ月で身体で覚えていきます~


ダンスと言いつつも、アマヤドリでのダンスというのは、いわゆる一般的なダンスというイメージのものとは違うつもりでやっていて、あれはなんというジャンルなんでしょうね、という感じです。
ひょっとこ乱舞時代には、"乱舞"と呼んでいましたが、
これからはなんと言えば良いのでしょう??

やっぱり"乱舞"かなぁ??


とにもかくにも、
そうですそうです、そうそう!!
なんていうジャンルなの?みたいなの作りたいと思ってるので、その辺も観た時にどんな風に観えるのか、ぜひ聞きたいですね!
教えてください!
私も楽しみです!



さてと!!
田中はヨガに行って来ますのでこの辺で。


ヨガのあとにはインタビュー動画を撮影しにいきますよ!
今作の出演者のインタビュー動画です!
またホームページに徐々にアップされていきますので、それもどーぞおったのしみにー!!

では!よが!


田中美甫


fa949ef2.jpg



(写真は、昨日のワークインプログレスでの一場面です。)

【アマヤドリ稽古場企画!!】

《限定20名様ご招待》
『月の剥がれる』ワークインプログレスを行います。

*ワークインプログレス(WIP)とは?
作品の創作過程をお客様に試験的に発表すること。

日頃は観る事のできないアマヤドリ作品の創作過程を特別に公開いたします!
お客様からご意見ご感想を頂く機会を設け、より一層深みのある作品へと導きます。

作品の制作過程を目撃したい方、体感したい方、
『月の剥がれる』が気になって仕方ないわよ!って方も、
アマヤドリの稽古ってどんな雰囲気?なんてことが気になるあなたも!
気になるリハーサルの様子を、特別に公開しちゃいます!!
ぜひぜひ、稽古場に足をお運びください!


■日時■
1月30日(水) 19時30分〜

■場所■
杉並区某所  

■申し込方法■
名前(フリガナ)、電話番号、メールアドレスを明記のうえ、wip0130@amayadori.sub.jpまでご連絡ください。


限定20名様です。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

◇新作本公演『月の剥がれる』豪華出演者インタビュー!
フツーの好青年だと思ったら大間違いよっ!
強烈な個性を放つ佇まいと独自の奇妙な身体性が観る者の想像力を刺激する!
無限大の可能性を感じざるを得ない、 劇団員・糸山和則!
イナゴにいろいろ聞いちゃいましたっ!

 
_MG_3276

糸山 和則  福岡県出身

2010年よりひょっとこ乱舞に所属。
本公演の他に[PLAY PARK 2012日本短編舞台フェス]
[利賀演出家コンクール][東京福袋]
[ KYOTO EXPERIMENT 2012フリンジPLAYdom↗]に参加。
細身の身体から繰り出される奇怪な動き、
セリフには独特の集中力を発揮する。

◇主な出演作
全日本ダンスフェスティバルin神戸 決勝進出
 キラリ☆ふじみ×田上パル「師走やぶれかぶれ2010」
アジア舞台芸術祭2010に参加し韓国の俳優と作品の共同制作。
桃尻犬「乳首鎹」王子小劇場


 【イナゴに聞いちゃいましたっ!】

Qいままでで一番感銘を受けた作品はなんですか?

「愛のむきだし」 園子温監督

Q「私は〇〇な俳優です。」
〇〇に当てはまる言葉とその理由を教えてください。

「私は亀のような俳優です。」
 
鈍くとも、一歩一歩確実に進んでいきたいです。

Q最近意識していることはなんですか?
 
こころに起こる瑣末な感情を感じとること。
無意識

Q今回の公演に対する意気込みは?

かなりヤル気です。




【笠井里美から見た!俳優・糸山和則】
劇団員が劇団員について語る!
笠井里美が俳優・糸山和則を語ります!
写真 (1)

Q彼は○○な俳優です。」
○○に当てはまる言葉とその理由を教えてください。
 
「彼は内気な変態俳優です。」
 
俳優は目立ちたがりな人が多い中、
糸山君は兎に角、
目立とうとしません
話をしている途中で赤面したり、女の子に必要以上に照れたり
私笠井里美から見た糸山君は内気なくせに目立ってしまうおいしい奴です。
何故か彼の行動や言動は注目せざるをえません。

そして、人一倍女子に対する期待が高い様に見えます。
その欲求が強いばかりにたまにど変態な発言をします。

そのせいか、芝居も人と同じ事をしているのに
彼だけ異質なものに見えます。

癖とはまた別なのですが、
内気な彼だからこそ、
彼にしか出来ない
誰にも
真似出来ない芝居ができるのは、
彼の
一番の武器だと思います。


Qアマヤドリにとって糸山和則はどんな存在だと思いますか?

シュッとしてない担当。
アマヤドリの俳優はどこかシュッとしてしまうのですが、
彼は体型的にはシュッとしてますが、
中身はゴツゴツしてるので、
非常に重要な存在だと思います。


Q私だけがみた!糸山和則のこんな一面。
なにかエピソードがあれば、併せて教えてください。
 
変態なところ。
去年旅公演で回った『幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい』で、
糸山君のやった役に異常に執着される役をやったのですが、
その作品の中で楽屋での待機が
二人っきりになる時間帯がありました。
その時間で彼はいつも
私のふくらはぎ?かどこかを見て
役作り
してたそうです。
そのエピソードを私に教えてくれた時に自分で
気持ち悪い
と突っ込んでいたので安心しました。
それまで糸山君はあまり下ネタを言わない子だったので、
男の子が好きなのか?と疑っていました。
ノーマルと分かりちょっとがっかりもしました。

Q5年後の糸山和則に、一言どうぞ!
 
博愛主義。
とてもいい事だと思います。
運命の人が必ずしも異性とは限らない。
自分の道を貫いて下さい。


 

◇出演者インタビュー随時更新中◇ 



 

IMG_8071

ニーハオ!
劇団員の小角まやです。

まだまだ寒いですねぇ~
寝る前にあったかいお茶を飲むのにはまってます。
飲んでいる途中で寝てしまうので、
前日飲み残したお茶を捨てるところから一日が始まります。


なんだか色気がないですね~


 色気と言えば。
おとといコンタクトを落としてしまって珍しく眼鏡で稽古に参加していると、
広田さんに「なんか、エロいね」と言われました。


やっぱりこかどもね。
23歳ということでね。


2013年は色気全開でがんばっていくぞ!!
と思った矢先にズボンのチャックが開いていることを発見しましたっ


ムーン。。
色気のある女性への道のりは長いっっ!!!



ってことで、今年は色気をテーマにいろいろ書いてみようと思います。


よろしくおねがいしまっすぅ~(色気風)


写真はこのところ忙しかったそうで思わずテーブルの下で眠るケースケ君。 

このページのトップヘ