アマヤドリ 稽古場ブログ

東京を拠点にするアマヤドリの劇団員・出演者によるブログです!

アマヤドリ恒例、出演者紹介!!!

『銀髪』出演者のみなさんを紹介しちゃいます!
 

石本政晶

石本 政晶
MASAAKI ISHIMOTO
1988年生まれ

2015年『悪い冗談』よりアマヤドリ参加、以降劇団員となる。
抜群の美的センスと0か100かの極端な思考回路を出処とした捻れた性格が災いし、
己の美学に反することには老若男女問わず何かと容赦ないが、
前向きかつ志は高い有言実行マン。アマヤドリの個性派枠。
好物は美男美女。恋愛対象は意外と女性。
◇主な出演作
リジッター企画『ミロウのヴィーナス』『誰がための笛は鳴る』など。


【いっしーに聞いてみました!】

起業するならどんな会社がいいですか?

自分の顔や体のパーツを自由に交換・カスタマイズ出来る
新感覚の美容クリニック的なる会社。

美容整形ではなくて、
メスを入れずにパカって交換出来るようなSFみたいな会社を立ち上げて、
世にも美しい究極の生命体
をデザインしてみたいです。
親から貰った顔や身体は大切に、好きになるのが一番いいんですけど、
どうしても好きになれなくて毎日をネガティヴに生きるくらいなら、
いっそ自分の満足いく姿に生まれ変わった方が
楽しい人生を謳歌出来ると思うんですね。


でもきっとこんなことがまかり通るような世の中になったら
本当の自分を見失って精神が崩壊してしまう
アイデンティティ迷子というか、
のっぺらぼうみたいな人が続出しそうじゃないですか?


そんな
美しいものが崩壊していく様
合法的に見てみたい
という気持ちも
ちょっとあるのかもしれません(笑)

正直、若さとか外見的な造形にばかり
美しさの価値を見出すのは危険だし貧しいと思うんですよね。
外見を磨くことも勿論必要なんですが、
本当の美しさ

そんな
外面的なものだけでは生まれ得ないですし。
あれ何の話?

だから皮肉を込めて、そんな幻想を抱いている世の中の連中に
痛い目をみせてやりつつ、私腹を肥やしたいです。



あなたにとってのパニックとは?

アマヤドリ本公演『すばらしい日だ金がいる』の初日、
ダンスシーン中にいつも通り出捌け口に走り込んだと思ったら
壁に顔面から激突した時です(笑)


何せ本番中、それもダンスシーンだったし、

袖は暗いので自分がどういう状態なのかを確認することも出来ず、
もしも自分が鼻が折れて血塗れの状態でニコニコして踊ってて、
お客さんが引いてたらどうしようとか、
思考回路フル回転でひとまずそのステージは涼しい顔をしているつもりで乗り切り、
翌日からは痣をメイクでうまいこと隠して頑張りました。
僕にはメイクの才能もあるんだな
って思いました。
 

稽古場で気になる人、面白い事件などあれば教えて下さい!

気になるは人は、
今人さん武子さん小菅さん毛利ちゃんです。

今人さんはムードメーカー的存在なんですけど、
人のパフォーマンス見てる時とか喋ってない時は何があったんですか?
ってくらいシリアスだったり怖い顔をしているので、
本当は何を考えているんだろう
っていつも気にしてます。

武子さんも一見優しくて四次元ポケットの如し
芝居の引き出しで稽古場に刺激を与えてくださっているのですが、
ふっと見ると超絶シリアスな表情をしているので、
武子さんにはどういう風に映ってるんだろう
って
いつも気になりながら眺めてます。


小菅さんはお調子者の皮をかぶった賢者みたいな人で、
たぶんどちらの面も本当なんだと思うんですけど、
時折チラリズムするその聡明な賢者ぶりにドキッとしてしまったり、
彼の生態そのものがミステリアスでついつい稽古場で何をしているのか
いつも観察してしまいます。
アニマルプラネット。

そうそう、
この男性三名は実は
眼光が鋭いパンダ的なる存在として
僕の中では位置付けられています。
パンダ俳優。パンダ万歳。


毛利ちゃんはなんか美女過ぎてもはや存在がギャグというか
そんな馬鹿な!って思っているので、
「今日も美しいですね」って言葉を投げかけながら凝視したり、
「あ、美女がクロワッサン食べてる」とか
「あ、美女が水飲んでる」とか
「あ、美女が台本読んでる」とか
美女という生き物の生態
観察して楽しませていただいております。

あ、僕ですか?そうなんです、
僕、変態なんです。


最後に面白い事件は、
中村早香さんが休憩中に
「あたし、お寿司だったら“4粒”食べれるよ!」
という衝撃発言をしていたことです。
全米が震撼しました。
シャリだけに。あ、上手いこと言えた!



最後にこの公演に対する意気込みをどうぞ!

今回僕は久しぶりに物語の核をそんなに担っていない役柄なので、
如何に真面目にいい加減に面白おかしく楽しく
華を添えられるだろうかと考えております。

ただ、劇団の15周年という節目に
烏滸がましくもたまたま居合わせることが出来ている訳で、
しかも本多劇場初進出という劇団にとってひとつのゴール
そしてスタートラインに立てたのは、
今まさに劇団員として籍を置いている自分を含む
今までにアマヤドリに関わった全ての人々の
過去現在の血と汗と涙があってこそだと思うので、
アマヤドリの看板に泥を塗らぬように
心して本多劇場を迎え撃ちたいと思います。
ばきゅーん!

*** 
 

アマヤドリ本公演 『銀髪』

2017 年1 月26 日(木)~31 日(火)@下北沢本多劇場

公演詳細・ご予約はコチラ    

アマヤドリ恒例、出演者紹介!!!

『銀髪』出演者のみなさんを紹介しちゃいます!

榊菜津美

榊 菜津美

NATSUMI SAKAKI
北海道出身・出生はエクアドル 1990年生まれ


2010年よりひょっとこ乱舞の公演に参加、2013年入団。
好きなものはこどもと数字。

◇主な出演作
TOKYO PLAYERS COLLECTION『IN HER TWENTIES』
□字ック『媚媺る、』Straw&Berry『モリー』など。

2012年 佐藤佐吉演劇祭・石田リンクス賞俳優賞(アマヤドリ「フリル」にて)

2016年 佐藤佐吉賞・優秀助演女優賞(深夜ガタンゴトン「つきまとう教室」にて)


【なっちゃんに聞いてみました!】

起業するならどんな会社がいいですか?

これよく妄想するんです!

いちばんイイナって思ってるのは、

『食べ歩き朝ごはん屋さん』

朝って本当時間ないじゃないですか!
でもパパッと済ませようとすると、
おにぎりとかパンだけーとか、
栄養が偏っちゃうという悩み。

そこで、
「歩きながら食べれるような形なんだけど、
すごいバランス良い!」

みたいな物体を作って、売りたい。

駅前とかにチェーン展開したい


あなたにとってのパニックとは?

『冷蔵庫に牛乳がない』

これはやばいです。
命に関わります。

実は劇場でも、楽屋の冷蔵庫に牛乳を忍ばせています。

成分無調整はマスト。
低温殺菌だと大変テンション上がります。

 

稽古場で気になる人、面白い事件などあれば教えて下さい!

劇団創立メンバーの、我等が中村早香氏。

初めて共演してから、かれこれ7年ほどたつのですが、
見た目が、ぜんぜん、
まったく、変わらないんです。

あの人並外れたストイックさ、
主食がお菓子な事も加味すると、
もしかしたら地球人では無いのかもしれない…


最後にこの公演に対する意気込みをどうぞ!

かねてからの踝コンドルファンとしては、
作品の一部になれるなんて
光栄です。

榊の推しシーンは、
メンバーのメンズたちが横並びに立っているところ。
(本番無くなったらごめんなさい)

本当にカッコいいので(主観です)、
どうか
本多劇場で目撃してください‼

*** 

アマヤドリ本公演 『銀髪』

2017 年1 月26 日(木)~31 日(火)@下北沢本多劇場

公演詳細・ご予約はコチラ    

アマヤドリ恒例、出演者紹介!!!

『銀髪』出演者のみなさんを紹介しちゃいます!

古澤美樹
古澤 美樹

MIKI FURUSAWA
神奈川県出身 1995年生まれ 


3歳からダンスを始め、
世界大会優勝やイギリス大使館でのパフォーマンス、
マイケルジャクソントリビュートライブでのバック
ダンサーを務めるなど、
ダンサーとしての活動をする一方で、大学入学と共に演劇の世界に。

◇主な出演作
アジア舞台芸術祭劇団競泳水着 「全 員 彼 女」柿喰う客「サバンナの掟」

MV 東京カランコロン「カラフルカラフル/三毒」など。

演劇とダンスの世界にて特異の身体表現を武器に活動中。


【古澤さんに聞いてみました!】

起業するならどんな会社がいいですか?

わたしの大好物の一つに、ちくわがあるのですが
起業するとしたら
魚肉製品専門店の会社がいいです。
小田原に工場のある、

あのかの有名な魚肉専門店『鈴◯』
わたしにとっての
人生のスポンサーだと
思っていますが、
それに代わる
オリジナル魚肉製品
開発して食べていただきたいです。


あなたにとってのパニックとは?

わたしは、とても方向音痴
スマートフォンに内蔵されているマップを
よく利用するのですが
その地図上で迷うことが多々あります。

ナビに従って道を進んでいるはずなのに
気づいたら全然違う道を通っていることがよくあり、
その時は携帯を手にその場でぐるぐるしながらパニックに陥っています。


稽古場で気になる人、面白い事件などあれば教えて下さい!

From 梅棒/ゲキバカの伊藤今人さんです。

私は、幼少の頃からヒップホップダンスをやっていたのですが、
よく今人さんがMCをしているダンスの大会に出場したりしていました。
今回、
こうして役者として
同じ作品に携わらせていただけることがとっても嬉しいです!


最後にこの公演に対する意気込みをどうぞ!

今回、アマヤドリには初めて参加させていただきます。
そして、
あの本多劇場に立たせていただけるということで、
『銀髪』は私にとって
人生の分岐点になりそうです。

この作品に携わらせていただけるということ、
そして素晴らしい座組みのみなさまと
共に走れるということに感謝
して、
精一杯頑張りたいと思います。

みなさまのご来場、心よりお待ちしてます!!!

*** 

アマヤドリ本公演 『銀髪』

2017 年1 月26 日(木)~31 日(火)@下北沢本多劇場

公演詳細・ご予約はコチラ    

アマヤドリ恒例、出演者紹介!!!

『銀髪』出演者のみなさんを紹介しちゃいます!

中野智恵梨
中野 智恵梨 
CHIERI NAKANO
北海道出身
北海道を愛する道産子。 
昆布出汁を取る時は必ず道産。 
大学入試で油絵を専攻。

青春の思い出はほとんどデッサン&油絵具。
その後kaikaikikiにて作画スタッフとして勤務。

ご縁の重なりで突如演劇を始める。

2014年「非常の階段」出演後、入団。


【ちーに聞いてみました!】


起業するならどんな会社がいいですか?

都内に畑、かつ隣にカフェ

北海道にはたくさんある農地の隣のカフェ。
野菜は採れた瞬間から味が落ちるので
採れてすぐ調理して忙しい東京のみなさんに食べてもらいたい。 
 

あなたにとってのパニックとは?

確認したはずなのに電車を逆に乗っていた時!

そして、そのせいで遅刻しそうになる時!

かつその電車が、急行だったりして、
5
 駅くらいすっ飛ばされ、通り過ぎる駅が見えるたび
降ろして欲しくてたまらない時。

稽古場で気になる人、面白い事件などあれば教えて下さい!

①稽古場での出来事。飯野さんと。

稽古場では人数確認のためにバディ(ペア)を組んでいて、
お互いがこの場に居るか確認するのですが、

わたしは今回、いーちゃんとバディなのですが、
どんなに遠くにいても近くに居ても
私が明らかに気付いていても大きい声で

「ちーー!!!」と呼んでくれます。

なんかここに居ても良いんだなって気持ちになります。
ありがとういーちゃん。笑



②気になる人。
根岸はるかことねぎちゃん

もうなんか色々すごい!肌ピチピチ綺麗な瞳に
若いくせにどこか悟った性格がたまらず魅力的です。
すぐ近くに駆け寄ってしまう。
ダンス時の色気がまじでいい!
すごく目を惹きます!
みなさん要チェックですよ! 


最後にこの公演に対する意気込みをどうぞ!

本多劇場初進出!!

かつ銀髪という戯曲に

このメンバーー!!

アマヤドリの15年!!

私たち劇団員も、
広田中村以外は誰も15年を知らないんです。

お会いしたことのないたくさんの
先輩達が積み上げてきたこの15に、
メンバーとして本多劇場に立たせていただきます。

目撃しにきて下さい!!

本多劇場で待ってます!!!

*** 

アマヤドリ本公演 『銀髪』

2017 年1 月26 日(木)~31 日(火)@下北沢本多劇場

公演詳細・ご予約はコチラ  


アマヤドリ恒例、出演者紹介!!!

『銀髪』出演者のみなさんを紹介しちゃいます!

一川幸恵 

一川 幸恵
SACHIE ICHIKAWA
大阪府出身

シンクロ選手
お菓子の開発者アマヤドリ劇団員なう。
好きなたべものは かぼちゃ。

クロムモリブデン・ゲキバカ・劇団子供鉅人・sons wo:などに出演。

【さんちぇに聞いてみました!】

起業するならどんな会社がいいですか?

やさしくする屋さん

ささいな愚痴から犯罪の告白まで、
心に棘を抱えた方々へ
最大限の優しさ
をもって対応します。

全てを肯定しますが当方は責任を負いません。

的な会社。
やさしくする事はできそうなので。


あなたにとってのパニックとは?

自分では解決できない問題が次から次へと降り積もってくるさま。

帰宅時、
壁に貼り付いたヤモリを発見した際の心象風景。

かぼちゃの摂取が不足する様子、
またはその状態。

 

稽古場で気になる人、面白い事件などあれば教えて下さい!

マジカルガール・古澤美樹。

度胸満点で大胆な性格ながらその腰は低く、

「主食はちくわとチョコ!」などとキャイキャイしつつも、
その超絶ダンステクニックで周囲を驚かす恐ろしいヤング。

天然なのか計算なのかは一見では分からないけれど、
いっそ計算であってくれ、
いや、天然でいてくれ

いや、こんな天然がいてたまるか

みたいな葛藤が毎日私の中で生まれるくらいには魅力的な女の子です。

一生チュッパチャプスの海に溺れててほしい。


最後にこの公演に対する意気込みをどうぞ!

わたし、自由になりたいんです!

劇団の大先輩・中村早香さんに頂いた
「やってやってやり続けた先に自由がある」
という言葉を胸に、
やってやってやり続けて、
自由な姿で舞台に立ちたい。
自由な姿で舞台に立ちたいです。


*** 

アマヤドリ本公演 『銀髪』

2017 年1 月26 日(木)~31 日(火)@下北沢本多劇場

公演詳細・ご予約はコチラ 

このページのトップヘ